多焦点眼内レンズ

「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」の「先進医療実施施設」として認定されました。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術

当院では、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術が可能です。

眼内レンズとは白内障手術において濁った水晶体(眼の中のカメラのレンズの役割をする部分)を
取り除いたあとに、水晶体の代わりに眼の中に入れるレンズのことです。

【手術の簡単な流れ】
白内障手術の方法.1
❶眼に小さな穴を開けます。
白内障手術の方法.2
❷水晶体を摘出します。
白内障手術の方法.3
❸眼内レンズを挿入します。

この眼内レンズの種類によって術後の生活が変わってきます。

レンズの種類

❶単焦点レンズ(よく見えるピントが1つのレンズ)

ピントが1つのレンズなので患者さんのご希望に応じて度数を決めます。
遠くに合される方、近くに合される方どちらにせよ、
メガネはほとんどの方で必要となります。

単焦点レンズ表

遠くがよく見えるように合わせたイメージ
遠くがよく見えるように
合わせたイメージ
近くがよく見えるように
合わせたイメージ
近くがよく見えるように
合わせたイメージ
❷多焦点眼内レンズ(よく見えるピントが2つあるレンズ)

遠くと近く両方によく見えるピントがあるため、通常の生活の中でメガネの必要性は少ないです。

多焦点眼内レンズの見え方のイメージ
多焦点眼内レンズの
見え方のイメージ
多焦点眼内レンズについての注意点
遠くがよく見えるように合わせたイメージ
単焦点眼内レンズでの見え方
近くがよく見えるように
合わせたイメージ
多焦点眼内レンズでの見え方

●術後ハロー(光が延びて見える)、グレア(光の周辺に輪がかかったように見える)などが
起こりやすくまぶしく感じられる可能性があります。
※多くの場合、術後半年程度でハローグレアは軽減してきます。

ハロー現象イメージ
ハロー現象イメージ
グレア現象イメージ
グレア現象イメージ

●近方での細かい作業をする場合には、眼鏡をかけたほうが見やすい場合があります。
●近方の視力の立ち上がりや見え方の慣れには個人差があり、時間(3カ月程度)がかかる場合があります。
●このレンズは乱視の程度や白内障以外の眼の病気、または生活スタイルなどによって
使用できない方がいらっしゃいます。
●原因不明の視力低下(waxy vision)
検査、診察上で問題なくても「ぼやける」、「かすむ」など
原因不明のwaxy visionと呼ばれる症状が出る場合があります。
多焦点眼内レンズという複雑なレンズ構造のためとの報告もありますが、原因が分からない場合もあり、
対応が難しい場合もありますのでご了承ください。

白内障手術後も眼鏡に頼らない生活を目指して

従来型の単焦点眼内レンズは「手元が見えない=老眼が残る」という欠点を抱えていました。
この問題を解決し、より良い見え方を実現するために開発されたものが、「多焦点眼内レンズ」です。
その「多焦点眼内レンズ」手術の安全性有用性が厚生労働省に認められ、
2008年7月に先進医療眼科手術として承認を受けました。
「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」の登場により、「白内障手術のついでに老眼も治す」ことが可能になり、
より良い見え方を求めて「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」を選択される方が多くいらっしゃいます。

「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」を選択されることで、
白内障手術後の生活の質が向上し、より快適で充実したものとなることが期待できます。
この「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」を保険で使用するには
先進医療実施眼科医療機関に認定される必要があり、
当院ではいち早く『先進医療認定施設』の認定を取得しました。

「多焦点眼内レンズ水晶体再建手術」の登場により、「白内障手術のついでに老眼も治す」ことが可能になり、
より良い見え方を求めて「多焦点眼内レンズ白内障手術」を選択される方が多くいらっしゃいます。
「多焦点眼内レンズ」を選択されることで、白内障手術後の生活の質が向上し、
より快適で充実したものとなることが期待できます。

先進医療とは

現在、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は厚生労働省の認めた先進医療です。
当院は、厚生省の施設認定を受け平成25年11月より先進医療での治療が可能となりました。

先進医療とは、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる、
有効かつ安全で高度な新しい医療技術のことです。
先進医療は、国民の安全を守り、患者負担の軽減を図りつつ、医療の選択肢を拡げるために、
保険診療との併用を認めるものです。

多焦点眼内レンズを使用する先進医療手術費用

多焦点眼内レンズは先進医療(手術・レンズ代が自費診療 + 手術前後の診察・投薬は保険診療)となります。

手術費用(レンズ代含む)
片眼:340,000円   両眼:680,000円

※手術前後の検査診察投薬などは全て保険扱いとなります。
※民間の生命保険については契約内容によってかわってきます。
(一部の生命保険では手術給付金の対象になり、先進医療特約の対象となります。)
※確定申告時の医療費控除の対象になりますが高額療養費の対象にはなりません。